2016年 10月 の投稿一覧

津市で注文住宅を建てるのにオススメの土地と理由

津市で注文住宅を建てるときにオススメの土地としては駅やバス停が近いところがオススメです。
駅やバス停が近いのであれば、車を保有する台数を減らすこともできるでしょう。
車の台数を減らすことが出来れば、車を維持していくためのお金を節約することが出来ます。
毎月必要になる駐車場代やガソリン代、年間で必要な税金や保険料など様々な費用を節約することが出来るでしょう。
そして駅やバス停が近ければ、通勤時間を節約することにもつながります。
駅までが遠いために朝早く起きたり帰りが遅くなれば疲れがたまりやすくなりますので、その辺りのことも考えながら土地選びをしていくようにしなくてはなりません。
しかしのどかで静かな土地がいい場合には、駅の近くなどでは難しくなりますので、自分の希望に沿った場所を選ぶようにしておきましょう。
他の人にとっては三重県の理想的な土地が自分にも当てはまるとは限りませんので、自分が何を求めているのかによって決めることです。

工務店に依頼するメリットデメリット2

三重県で注文住宅を依頼する際、工務店に依頼するのかハウスメーカーなどに依頼するのか悩む方は多いかと思います。
工務店に依頼するメリットは、まずコストの安い小規模な会社が多いため、原価に近い金額で建てることができるという点です。都市部などの複雑な形の土地にでも安く建てられるうえ、工務店と銀行は協働関係にあるため、スムーズにローンを組むことが可能です。また、工務店は地域密着型の店舗が多いため、信頼関係が築きやすく、設計、建設の間だけの関係でなく、アフターフォローも気軽に頼みやすくなる、といった例もあります。
逆にデメリットはどうでしょう。まず工務店では、使い慣れた素材や施工の効率、素材の価格にこだわる場合が多く、設計に関して自由度が下がってしまうという点が挙げられます。また、工務店の主業務は設計ではなく施工であるため、デザインを専業とする建築家に依頼する場合と比べると、デザイン力が劣ってしまう可能性が高いです。
工務店のメリットとデメリットをよく理解して、素敵なお家づくりを楽しんでください。

工務店に依頼するメリットデメリット1

工務店は、地域密着型の直接施工が一般的なので大手ハウスメーカーとは異なり、下請けや孫請けに丸投げする事が無いので中間マージンや広告宣伝費が建築コストに上乗せする必要が無いので、大手ハウスメーカーに比べて建築コストが安く抑えられるメリットがあります。又、大手ハウスメーカーの様に工場生産や商品企画による建築では無く現場で全て施工するので、間取りやデザイン、設備、外壁などに制限が無いので本当の注文住宅を建てる事が出来ます。更に、地域密着型なので竣工後のアフターメンテナンスの心配が無く安心な点も大きなメリットです。大きなデメリットとしては、大手ハウスメーカーに比べて企業規模が小さいので財務的に脆弱な部分があり、建物に対する長期保証に関しては不安が残る点や実際にどんな住宅が出来あがるのかをイメージし難い事だとされています。又、流行のデザインや最新の仕様設備などの知識や提案力がない場合がありますが、業者に頼り切るのでは無く自分で勉強して提案すれば解決出来るデメリットです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット2

注文住宅を設計事務所に依頼する場合には、デザインや構造なども比較的自由に組むことができるため、施主の意向により近い、満足度の高い仕上がりになることが見込まれるというメリットがあります。当然ながら、注文住宅とはいっても、建物としての構造上、できることとできないことがあるわけですが、設計事務所がプロとしての手腕を発揮して、施主の意向になるべくたがわないように調整をすれば、イメージどおりにできないといった事態は防げるはずです。いっぽうにおいて、設計事務所に依頼した場合には、建売などとして規格があらかじめ決まっているハウスメーカーの住宅などよりも、かなり上乗せで費用がかかってしまうことが見込まれ、これはデメリットとしては大きなものといえます。もしも予算的にきびしいようであれば、設計事務所と相談をして、たとえば建材などでも特注品を使わずに汎用品で代替してもらうなどの微調整によって、できるだけ費用を削減するための方向性を考えることが必要となります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット1

設計事務所に注文住宅を依頼するメリットは、自由度の多さです。設計事務所に依頼する時点では、極端な話、何も決まっていません。ハウスメーカーであれば、そのメーカー独自の仕様や工法が決まっています。タイプに応じて、建物の価格も決められています。設計事務所へ依頼する場合は、ほとんど白紙の状態から注文住宅の設計を始めることができます。制約が無いとはいえ、一定の敷地に、建築法規を守り、予算内で建築しなければならないのは当然のことです。それ以外は、設計事務所との打ち合わせにより、決めていくことになります。自由度の多さが、逆にデメリットになることもあります。注文主が注文住宅に対する希望や要望を決めていない場合は、設計事務所も困ってしまいます。設計事務所に注文住宅を依頼する場合は、どんな住宅を建てたいかの明確な考えを持つ必要があります。それは、形となっていなくてもかまいません。和風にしたいとか、将来部屋の間取りを変えることができる家にしたいとか、気取らないが住みやすい家にしたいとか言うような、方向性を示す必要があります。

断熱性のいい住宅とは

雨漏りを経験したことのある人は、注文住宅を新築するときに、雨漏り被害が室内に悪影響を及ぼしにくいように工夫し設計してもらいましょう。雨漏りが室内に水滴が落下するのは、雨漏り予防対策が弱すぎます。仮に屋根が傷んでしまい穴が開いても、穴から入った雨が室内に落下しないように設計し、施工できます。屋根板の裏側に厚みのある断熱材を施工すると、雨漏り予防に効果的です。台風などの自然災害で、強風により飛ばされてきた石などが屋根に衝突して穴が開いても、すぐには雨水が室内に落下することは基本的にありません。注文住宅は屋根板の裏側に断熱材を施工できます。断熱材が劣化しても、室内に水滴が落ちないように、天井板にも断熱材を敷いておきます。万が一、屋根と屋根下の断熱材を雨水が通過しても、天井板の上に敷いてある断熱材が雨水を阻止できます。屋根裏のスペースにおいて、屋根板の裏側と、天井板の表側に断熱材を施工しますので、真夏の直射日光の影響も受けにくくなり、快適な室温を維持できます。

家づくりの進め方2

新築の注文住宅でマイホームを建てることは、多くの方にとって、一生に一度の夢の実現であるともいえる大きな買い物なのではないでしょうか。また、家族が揃って、新築の注文住宅を建てるためのアイデアを出し合ったり、それぞれの好みを調整したりすることは、親子兄弟の絆を深めるにも大いに役立つことかもしれません。そこで、まずは新築の注文住宅を建てるために、どこのハウスメーカーや工務店、設計事務所に家づくりを依頼するか決めることです。それには、ハウジングセンターなどを回って、それぞれが建てた住宅のコンセプトなどを研究し、自分たち家族に一番近い考え方を持っているところにすると良いでしょう。それさえ決まってしまえば、あとは土地を持っていなければ土地を探して求め、次にどのような住宅を理想としているのか、どのような間取りにして欲しいのかなどを説明しましょう。素材や住宅の設備機器なども決めながら、並行して資金計画なども進めると良いでしょう。サポート 建築士 設計 

家づくりの進め方1

注文住宅で家づくりを進めていく場合には予算をしっかりと把握したうえで計画を立てていくことが大切になってきます。
住宅ローンなどを利用する場合はローンを契約したあとに家づくりが始まるの
で、最初の段階で予算を決める必要があります。
また注文住宅の場合は予算がオーバーすることも多いので、なるべく余裕を持って予算を決めるようにしましょう。
後から様々なことを追加できるのも注文住宅の魅力の1つなので、最初の計画と異なってくる場合も多いのです。
新築の家を購入する場合に建売住宅を選ぶ方も多いですが、自分たちの暮らし方に合わせた家を手に入れたい場合は注文住宅を選ぶことがベストだと言えるのではないでしょうか。
新築の家を購入することは人生の中でも非常に大きなことになるので、失敗しないように慎重に考えて計画を進めるようにしましょう。
分からない事は三重県で注文住宅なら工務店に相談することでなやみを解消することができるでしょう。
予算や、どのような家に住みたいのかしっかりとイメージして進める事が大切です。

後悔しない住宅会社の探し方

注文住宅と建売分譲住宅の違いが分からないときは、三重家の注文住宅の工務店に材料を質問すると良いでしょう。
一般的な建売分譲住宅は集成材を使用していますが、注文住宅は天然無垢材を使用しています。例外はありますが、基本的な材料は、集成材か天然無垢材かで区別できます。集成材は強くて耐震性も高いのですが、経年劣化したら交換しなければなりません。リフォームが大掛かりな工事になります。天然無垢材は耐久性が高く、経年劣化しにくいです。新築してから築年数が経過しても、天然無垢材が経年劣化したように感じずに済みますし、実際に長持ちします。柱と梁の構造体が耐震性を維持できるので、壁材を撤去したり交換するリフォーム工事も容易です。新築するときに使用する材料の耐久性と、リフォーム工事の時期と工事規模を説明してもらっておくと、将来的なリフォーム計画を立てやすくなります。注文住宅は、新築させるだけではなく、築年数の経過に伴う維持管理方法やリフォーム規模を把握しやすいので、説明してもらえる工務店を選びましょう。

失敗しない資金計画

新築で注文住宅や分譲住宅を購入する際には、先々失敗しない資金計画を立案する事が重要事項となっています。事前の資金計画次第で、住宅ローンも成功へと繋がります。まずは、世帯全体での収入がいくらあるかと固定の支出がいくらかをチェックする必要があります。家計の収支を明確にしておく事で、住宅ローン返済の上限も設定する事が出来ます。収入と支出のバランスを取った資金計画を作る事が重要となっています。次に金利ですが、住宅ローンの返済額に大きく影響してきます。固定タイプや変動タイプなどそれぞれ金利には特徴があります。固定金利を選び金利を一定にする事により、正確な資金計画を立てられます。変動タイプの場合は、金利が一定でない分資金計画が若干立てづらい点があります。住宅ローン完済まで明確な計画を作るには、固定金利を選択すると良いです。以上、資金の計画は非常に大切です。住宅ローンの返済額と家計のバランスを考慮して設計すると良いです。