2016年 10月 の投稿一覧

建築家と建てる家の頼もしさ

三重県で新築で住宅を購入する際、ほどんどの人は一生その家で過ごします。新築の分譲住宅が多い中、今でも注文住宅で建てる方も多数います。では、プロの建築家と建てる家はどう違うのでしょうか。新築で住宅を購入する際、ほとんどの人が35年ローンを組むはずです。月々の支払いに加え、固定資産税も支払わなければなりません。そのため月々の光熱費を抑えて、エコな暮らしを望む人も多い出しょう。分譲であれば、節電しながらの生活になります。ただ建築家と建てる家であれば、最初にエコな暮らしを最優先と伝えれば、それにあった作りを提案してくれるのです。「断熱」という言葉を耳にした事はあるはずです。断熱材を使用して暖かく過ごすことですが、これに「気密」をセットにすると、より省エネな家になります。気密とは隙間をなくすことです、断熱材で遮断した熱が逃げていく通り道をなくします。この作りは分譲では出来ず、建築家と建てる家ならではの作りです。他にも西側に窓は作らないなど、省エネを徹底できる作りが出来ます。月々の光熱費はなるべく抑えたいので、色々聞いてみると良いでしょう。

住宅購入の資金計画の進め方

夢のマイホームと言われるほど家族にとって住宅を取得することは夢であり生涯に渡り生活をしていくための必要なものです。
その住宅を取得するためには資金計画を立てなければなりません。独身の時から計画を立てる人もいれば結婚されて計画を立てる人もいます。
どのくらいの予算で購入するのか、新築なのか中古物件なのか、ローン支払いの金額など様々なことから資金計画を立てていきます。まずは、取得する時期を考えて逆算して計算することも良いですし、毎月できる金額だけコツコツ積み立てていくことも良いでしょう。
例えば、1000万円の費用が必要とすると10年間で貯める場合には1年間で100万円となります。目標を立てるとやる気が出て貯めやすくなります。
三重県の工務店で注文住宅を建てる購入資金は、ローンを組まれる場合には、頭金、手続きに必要な費用、余裕を持っての蓄えなどが必要です。また、金額を決めて「このくらい貯まったら購入する」などと目標を立てることも良いでしょう。

やはり、家を建てるなら

家を建てる。人生の中で何回もあることではありません。はっきり言って、高い買い物です。長年住むのも前提です。当然、住むため、生活のための機能を重視しなければなりません。でも、これから長くお世話になる住居です。デザインに気を配るのも、また自然なことです。現在は建売りでもいいデザインのものもありますが、やはり限界もあります。デザイン住宅を選択肢にいれてもいいかもしれません。デザイン住宅、実ははっきりとした定義はありません。建築家や設計士がコンセプトをもって設計された住宅というのが一般的な説明ですが、ハウスメーカーがいろんなスタイルのデザイン住宅を販売しています。建築家や設計士とゼロから打ち合わせをしてデザインしたり、ハウスメーカーが提供するスタイルを基本に造り上げる。等々方法は色々あります。大事なのは自分の家に対するイメージをきちんと伝えることです。そして、如何にデザイン住宅でも機能面を蔑ろにしないことです。どれだけデザインに優れていても、住むための機能を損なっては意味がないからです。

さまざまな不安を感じて建替をする人が増えています。

度重なる地震などの影響もあり、自分が住んでいる家の安全性に満足していない人が建替をするケースが見られます。耐震工事などは内容によってもピンからキリまでですが、有事の際には住んでいる人の生命を守るものですので、国も耐震工事などのリフォームについては減税などの制度を決めて奨励しています。少し前までなら、耐震性を高めるためには柱間の筋かいを増やしたり、柱の継ぎ目を金物で補強するのが一般的でしたが、最近はさまざまな研究などが進んでおり、屋根の重さを軽くして家の重心を低くしたり、1階の部屋を小さくして安定性を増やしたりする構造的な対応が新築住宅には取られています。建替の際には、デザイン性や住みやすい間取りなどに加えて、安心して長く住むための耐震性や耐火性だけでなく、気密性や断熱性の高い家づくりを目指して欲しいです。建替えでも家は一度新築しますと、最低でも20年は住み続けることになりますので、住む人が満足できる家づくりを目指して欲しいです。

新築住宅の地盤について

新築住宅を建てる際には、気を付けなければならないことが存在します。それは、建物を建てる土地の地盤の状態のことです。新築住宅を建てる時は、新しく土地を購入して、その土地に住居を建設するという方が非常に多くいらっしゃいます。その土地の地盤の状態がどのような状態なのかは、購入して検査をしなければ分からないのです。そのため、検査をしてみると非常に軟弱な地盤ということが判明し、改良工事を行わなければならないということは珍しいことではありません。改良工事には様々な種類がありますが、数十万円で済むものと百万円単位で掛かるものが存在します。そのため、住宅建設費の予算に余裕がない場合だと、いざ着工の際に思わぬ費用が掛かってしまい、予算オーバーとなってしまうケースもあるのです。そのようなことにならないためには、地盤改良に掛かるかもしれない費用として、100万円程度の予算をとっておくとよいです。この予算をとっておかないと、新築住宅の建設ができなくなってしまうこともありますので気を付けなければならないのです。

新築の住宅を手掛けるには業者選びが重要です。

最近の建売住宅などを見学しますと、家の機能的な部分が充実はしていますが、外観や内装から間取りまでが画一的で個性のない家が多いと感じています。大手の工務店やハウスメーカーの注文住宅を利用する人が増えており、少しでも自分らしさや家族などの要望を取り入れた家づくりを目指す人が多くなっています。三重県の新築住宅の家づくりの進め方としては、まずはできるだけ多くのモデルハウスなどを見学して、最新の家づくりの傾向や特徴を吸収する必要があります。最近の家づくりの基本は、少しでも長く快適に住み続けるために家としての機能面を充実させていて、最新の技術や工夫されたアイディアはとても参考になります。家づくりの進め方の中で、最大のポイントなのが自分の希望や意向に沿った家づくりを実現してくれる業社選びとなります。業社によっては、金額ですとか仕上りのレベルから完成までの工期までがさまざまですので、とても大切です。やはり多くの新築の施工実績があったり、常に全体の金額管理が出きてプロとしてのアドバイスをくれる業社ですととても安心できます。家はとても高価な買い物になりますので、時間をかけてもあせらずに見つけて欲しいです。

断熱性が高い住居は、とても住み心地が良いです。

住宅展示場にあるモデルハウスでは、有力な三重の工務店やハウスメーカーなどが最近は断熱性の高い家の提案を行っています。それ以外にも、耐震性や耐火性などの家としての機能面を充実させたり、バリアフリーなどの安心性や太陽光発電などの省エネなどを切り口にして、住み心地の良い住宅提案が盛んです。断熱性が高いのは気密性が高く、部屋の空気を外に逃さないような工夫がされていて、機能的な窓サッシの開発や断熱性の高い断熱材を取りいれたり、窓を小さくすることや、部屋の形をデコボコのない四角に保ったりして工夫がされています。これによって、気密性の高い住宅を造ることができて、夏は涼しく冬は温かいといった部屋を手に入れる事が可能です。室温の変化を最低限に抑えられますので、燃料費を抑えて省エネ対策にもつながります。気密性を高めるような家づくりは、やはり新築の住宅を手掛ける際にしか出来ないことが多く、外観や内装のデザインだけではなく、快適な生活が送れる家づくりを心がけて欲しいです。

新築の住まい選定に耐震性も配慮する

住まいを新たに購入検討される方においては、新築物件を選定される事が多いのですが、最近は全国各地で地震が発生している事も有りまして、住宅の耐震性能についても注目されるケースが増えています。これらの住まいにおける耐震性のアップとしまして、例えば住まいの骨格部分の強度をアップする為に柱を太くしたり、或は柱と柱の間に筋交いを入れる事や、柱同士を金属製の金具などで固定する方法がとられます。また建物全体を自信の大きな揺れから守る為に、免震機構を備えているケースも有ります。これは建物の土台部分に免振ゴムを付けたりして、この部分が建物に直接振動を伝える事無く振動を逃がしてくれます。また新築住宅を販売する際には耐震性能をアピールポイントとする会社も増えていますので、予め耐震に関する知識を備えておく事も大切となります。インターネットの比較サイトには各社の住まいの特徴などが掲載されていますので、これらの情報を参考にする事がお勧めです。

新築の住宅インテリアをバランスよくするコツ

新築で住宅を購入した際、今後長い期間を過ごす場所として住宅インテリアにもこだわりたいと思う人も少なくありません。そのため、バランスよくインテリアを配置するためにはコツをつかむ必要があります。まずは、今持っているインテリアを確認するところから始めます。何をどこに置くのか、そうなるとどのような雰囲気の部屋になるのかという部分を家が出来上がる前に検討しておく必要があります。また、どうしても新しい家のイメージに合わない場合は、思い切って処分するということも大事です。次に、部屋の雰囲気を決めたら、揃えるインテリアの色を統一させることがコツです。そもそもインテリアをコーディネートする上で最も重要なことは色の配置だと考えられています。例えば、気に入って購入した物だとしても他のインテリアと全く違う色味だとそれだけ目立ってしまいバランスが崩れるのでまとまりのない部屋になってしまいます。そのため、テーマカラーを決めてそれに沿ったインテリアを購入するようにしてください。

住宅インテリア重視の家作り

これから住宅インテリアを重視した家作りを進めていくのに際しては、優れたテクニックとスキームを持った建築士や住宅メーカーの担当者と綿密な打ち合わせを行う必要性があります。これまでのキャリアの中で培ってきた多くのノウハウを駆使して、可能な限りニーズを反映した住宅インテリアを実現することが求められます。共に暮らす家族の意見も聞きながら、機能性・快適性を高める住宅インテリアがどのようなものか検討を深めていくのです。更に、耐震・免震性も兼ね備えた構造になっていることも欠かすことの出来ないポイントです。優れた住宅インテリアを取り入れつつ、こうした基本的な性能も高めるアプローチが必要です。過去にこうした希望を反映した新築住宅の購入をしたことのある人々の体験談やレビューに目を通しておけば、より客観性のある判断に結びつけることも可能です。多角的な情報収集をしながら、理想的な住環境を作り上げていく姿勢が肝心です。