工務店に依頼するメリットデメリット1

工務店は、地域密着型の直接施工が一般的なので大手ハウスメーカーとは異なり、下請けや孫請けに丸投げする事が無いので中間マージンや広告宣伝費が建築コストに上乗せする必要が無いので、大手ハウスメーカーに比べて建築コストが安く抑えられるメリットがあります。又、大手ハウスメーカーの様に工場生産や商品企画による建築では無く現場で全て施工するので、間取りやデザイン、設備、外壁などに制限が無いので本当の注文住宅を建てる事が出来ます。更に、地域密着型なので竣工後のアフターメンテナンスの心配が無く安心な点も大きなメリットです。大きなデメリットとしては、大手ハウスメーカーに比べて企業規模が小さいので財務的に脆弱な部分があり、建物に対する長期保証に関しては不安が残る点や実際にどんな住宅が出来あがるのかをイメージし難い事だとされています。又、流行のデザインや最新の仕様設備などの知識や提案力がない場合がありますが、業者に頼り切るのでは無く自分で勉強して提案すれば解決出来るデメリットです。

SNSでもご購読できます。