設計事務所に依頼するメリットデメリット2

注文住宅を設計事務所に依頼する場合には、デザインや構造なども比較的自由に組むことができるため、施主の意向により近い、満足度の高い仕上がりになることが見込まれるというメリットがあります。当然ながら、注文住宅とはいっても、建物としての構造上、できることとできないことがあるわけですが、設計事務所がプロとしての手腕を発揮して、施主の意向になるべくたがわないように調整をすれば、イメージどおりにできないといった事態は防げるはずです。いっぽうにおいて、設計事務所に依頼した場合には、建売などとして規格があらかじめ決まっているハウスメーカーの住宅などよりも、かなり上乗せで費用がかかってしまうことが見込まれ、これはデメリットとしては大きなものといえます。もしも予算的にきびしいようであれば、設計事務所と相談をして、たとえば建材などでも特注品を使わずに汎用品で代替してもらうなどの微調整によって、できるだけ費用を削減するための方向性を考えることが必要となります。

SNSでもご購読できます。