未分類

全館空調 電気代はどれくらい?

室内だけでなく廊下や洗面所まで、家中の温度を24時間快適に保つようにコントロールする全館空調。部屋の温度差による、ヒートショックやアレルギーを防ぐ効果も期待できます。しかし24時間、可動するため電気代が高いのではと気になる方が多いでしょう。
全館空調にかかる電気代は、家の広さや気密性によって異なります。およその目安は35坪から44坪の住宅で月に約1万円程度とされています。全館空調のほかに使用する電気代を加えると、月に約2万円程度でしょう。そして注意が必要なのは、家の内部の造りに影響される点です。まず一部屋が広い場合や、天井が高い家も冷暖房が効きにくくなるとされています。さらに寒さが厳しい冬は、暖房を使わない季節と比較すると約1・5倍の電気代がかかります。逆にエアコンをほとんど使用しない季節は安くなるのです。
全館空調の電気代は少々割高感があり、年間を通して一定ではありません。とはいえ部屋の広さや気密性などの家の造り、灯油やガス代などの光熱費が高額になる地域では、お得になるケースもあるのです。

一戸建てのフローリング色選びは掃除に直結

家づくりにおいて、フローリングの色選びはなかなか重要なものですよ。一戸建て住宅のフローリングの色選びが日々の掃除に直結すると思っても良いと思いますので。

例えば、わが家のように、濃いめの茶色ことダークブラウンなフローリングの色を選びましたら、まあ掃除が大変です。濃い色の上で白色は目立つのです。つまり、埃がとても目立つのです。ですからクイックルワイパーは手放せません。

夜になればとくに気にならないわが家のフローリングの上の埃ですが、しかし日中はすごく目立つんですよね。ですからこまめな掃除が必須となります。無難な茶色のフローリングのアパートでは、今の家ほどには掃除はしていませんでしたからね。フローリングの色によって掃除の頻度が増えています。

いや、掃除の頻度が増えることは良いことであると言えるのですが、しかし面倒は面倒です。オーソドックスな茶色にすれば良かったと思っています。ただ、濃い色みのフローリングということで、抜け毛は目立たないのでその点だけは良かったかなと思いますが。

土地探しには地域の猫チェックは欠かせない

新築で建てるマイホームの土地探しにおいて、私は失敗してしまったことがあります。見落としていたことがあります。それは「野良猫のチェック」です。

いや、「地域猫」ともいうのでしょうか。とにかく、地域に放し飼いにされている迷惑な猫たちのチェックを怠ってしまっていたのです。「猫がいる地域なのか?」ということをまったく気にかけずに、土地探しをしてしまっていたために、今結構なストレスを抱えることとなっていますから。

ずばり言いまして、我が家に勝手に入ってくる猫が迷惑なんです!家の敷地に勝手に入ってきて、そして粗相をしていきますからね。どんだけ水攻撃などをしても、野良猫は懲りないのかやってきてしまいますから…。

回避材をまいたりと、やれることはやっていますけれど、どれも劇的なまでの効果はないのですよね…。自分のペットでもない動物にお金を失うのが腹が立ちます。

ですからもう、猫が多い地域だということを知っていたら、この土地を選ばなかったよーというほどに。なので、教訓としてこれから土地探しをされる方は「地域の猫チェック」も怠らないようにしてくださいね。

リフォーム工事が新築工事と違うポイント

家を建ててから年月が経つと傷んできたり、故障が多くなります。
新しいうちは部品交換や修理だけで良かった物も、だんだんと工事が必要になったり、丸々取り替えたりするようになってきます。
そうなってくると考えるのがリフォームです。
三重のリフォームは家の中は勿論、外壁や屋根などもあります。
外壁塗装や屋根の色の塗り替えをする外壁塗装や屋根替えをする、家の中の段差をなくしたり、畳の部屋をフローリングにしたりキッチンやユニットバスを取り換えるなど様々なリフォームがあります。
総合的な工事をするならリフォーム業者にお願いするとか、屋根や壁だけなどを部分的にやり替えたいなら専門業者に依頼するなど方法も様々です。
工事する際に気を付けたいのは新築のようにはいかないという事で、外壁や屋根をやり替えるのであれば埃などは出ますし、家の周りを足場で囲うので一時期不便になります。
家の中の場合には、工事する部屋は勿論ですが、それ以外の部屋に荷物を移したりするため不便になる場合があります。
工事が終わると今まで以上の快適な生活が送れるので少しの我慢ですが、前もって知っておきたい事です。

津市で注文住宅を建てるのにオススメの土地と理由

津市で注文住宅を建てるときにオススメの土地としては駅やバス停が近いところがオススメです。
駅やバス停が近いのであれば、車を保有する台数を減らすこともできるでしょう。
車の台数を減らすことが出来れば、車を維持していくためのお金を節約することが出来ます。
毎月必要になる駐車場代やガソリン代、年間で必要な税金や保険料など様々な費用を節約することが出来るでしょう。
そして駅やバス停が近ければ、通勤時間を節約することにもつながります。
駅までが遠いために朝早く起きたり帰りが遅くなれば疲れがたまりやすくなりますので、その辺りのことも考えながら土地選びをしていくようにしなくてはなりません。
しかしのどかで静かな土地がいい場合には、駅の近くなどでは難しくなりますので、自分の希望に沿った場所を選ぶようにしておきましょう。
他の人にとっては三重県の理想的な土地が自分にも当てはまるとは限りませんので、自分が何を求めているのかによって決めることです。

工務店に依頼するメリットデメリット2

三重県で注文住宅を依頼する際、工務店に依頼するのかハウスメーカーなどに依頼するのか悩む方は多いかと思います。
工務店に依頼するメリットは、まずコストの安い小規模な会社が多いため、原価に近い金額で建てることができるという点です。都市部などの複雑な形の土地にでも安く建てられるうえ、工務店と銀行は協働関係にあるため、スムーズにローンを組むことが可能です。また、工務店は地域密着型の店舗が多いため、信頼関係が築きやすく、設計、建設の間だけの関係でなく、アフターフォローも気軽に頼みやすくなる、といった例もあります。
逆にデメリットはどうでしょう。まず工務店では、使い慣れた素材や施工の効率、素材の価格にこだわる場合が多く、設計に関して自由度が下がってしまうという点が挙げられます。また、工務店の主業務は設計ではなく施工であるため、デザインを専業とする建築家に依頼する場合と比べると、デザイン力が劣ってしまう可能性が高いです。
工務店のメリットとデメリットをよく理解して、素敵なお家づくりを楽しんでください。

工務店に依頼するメリットデメリット1

工務店は、地域密着型の直接施工が一般的なので大手ハウスメーカーとは異なり、下請けや孫請けに丸投げする事が無いので中間マージンや広告宣伝費が建築コストに上乗せする必要が無いので、大手ハウスメーカーに比べて建築コストが安く抑えられるメリットがあります。又、大手ハウスメーカーの様に工場生産や商品企画による建築では無く現場で全て施工するので、間取りやデザイン、設備、外壁などに制限が無いので本当の注文住宅を建てる事が出来ます。更に、地域密着型なので竣工後のアフターメンテナンスの心配が無く安心な点も大きなメリットです。大きなデメリットとしては、大手ハウスメーカーに比べて企業規模が小さいので財務的に脆弱な部分があり、建物に対する長期保証に関しては不安が残る点や実際にどんな住宅が出来あがるのかをイメージし難い事だとされています。又、流行のデザインや最新の仕様設備などの知識や提案力がない場合がありますが、業者に頼り切るのでは無く自分で勉強して提案すれば解決出来るデメリットです。

設計事務所に依頼するメリットデメリット2

注文住宅を設計事務所に依頼する場合には、デザインや構造なども比較的自由に組むことができるため、施主の意向により近い、満足度の高い仕上がりになることが見込まれるというメリットがあります。当然ながら、注文住宅とはいっても、建物としての構造上、できることとできないことがあるわけですが、設計事務所がプロとしての手腕を発揮して、施主の意向になるべくたがわないように調整をすれば、イメージどおりにできないといった事態は防げるはずです。いっぽうにおいて、設計事務所に依頼した場合には、建売などとして規格があらかじめ決まっているハウスメーカーの住宅などよりも、かなり上乗せで費用がかかってしまうことが見込まれ、これはデメリットとしては大きなものといえます。もしも予算的にきびしいようであれば、設計事務所と相談をして、たとえば建材などでも特注品を使わずに汎用品で代替してもらうなどの微調整によって、できるだけ費用を削減するための方向性を考えることが必要となります。

設計事務所に依頼するメリットデメリット1

設計事務所に注文住宅を依頼するメリットは、自由度の多さです。設計事務所に依頼する時点では、極端な話、何も決まっていません。ハウスメーカーであれば、そのメーカー独自の仕様や工法が決まっています。タイプに応じて、建物の価格も決められています。設計事務所へ依頼する場合は、ほとんど白紙の状態から注文住宅の設計を始めることができます。制約が無いとはいえ、一定の敷地に、建築法規を守り、予算内で建築しなければならないのは当然のことです。それ以外は、設計事務所との打ち合わせにより、決めていくことになります。自由度の多さが、逆にデメリットになることもあります。注文主が注文住宅に対する希望や要望を決めていない場合は、設計事務所も困ってしまいます。設計事務所に注文住宅を依頼する場合は、どんな住宅を建てたいかの明確な考えを持つ必要があります。それは、形となっていなくてもかまいません。和風にしたいとか、将来部屋の間取りを変えることができる家にしたいとか、気取らないが住みやすい家にしたいとか言うような、方向性を示す必要があります。

断熱性のいい住宅とは

雨漏りを経験したことのある人は、三重県で注文住宅を新築するときに、雨漏り被害が室内に悪影響を及ぼしにくいように工夫し設計してもらいましょう。雨漏りが室内に水滴が落下するのは、雨漏り予防対策が弱すぎます。仮に屋根が傷んでしまい穴が開いても、穴から入った雨が室内に落下しないように設計し、施工できます。屋根板の裏側に厚みのある断熱材を施工すると、雨漏り予防に効果的です。台風などの自然災害で、強風により飛ばされてきた石などが屋根に衝突して穴が開いても、すぐには雨水が室内に落下することは基本的にありません。注文住宅は屋根板の裏側に断熱材を施工できます。断熱材が劣化しても、室内に水滴が落ちないように、天井板にも断熱材を敷いておきます。万が一、屋根と屋根下の断熱材を雨水が通過しても、天井板の上に敷いてある断熱材が雨水を阻止できます。屋根裏のスペースにおいて、屋根板の裏側と、天井板の表側に断熱材を施工しますので、真夏の直射日光の影響も受けにくくなり、快適な室温を維持できます。